一般財団法人 未来を創る財団

"A Brighter Future for the Next Generation" The Outlook Foundation

ご意見・ご感想

「ニュースレター総集編を読んで」 和田 孫博(灘高等学校 校長)

貴財団の「ニュースレター総集編」を拝受し、一読させていただきました。
まったくの個人的感想をお送りします。

巻頭の「新興国日本から先進国へのみちのり」はレター全体に対して非常に示唆的で、また「グローバル化」や「リベラルアーツ」というキーワードは古くて新しい匂いがします。
ただ、「戦前日本のグローバリズム」(井上寿一著・新潮社)という書籍では、1930年代にもグローバル化を目指す中、結局は1940年代に国益重視で戦争を始めた苦い歴史を教訓にせねばならないと述べてあります。
現在の政権が目指すところと重なる部分があるような気がしてなりません。

元文科相の遠山先生のレターは、これからの教育の在り方についてとてもわかり易く書かれています。ここでも高校では普遍的な知識や教養、つまりリベラルアーツ教育の大切さが述べられており、早期から専門分野(たとえば医学部コースとか)を決めてしまうようなことは厳に慎むべきだと私も思います。

中で一橋大学長の山内先生のレターにある「学知」と「知慮」を結びつけることがこれからの教育の進むべき道を指示しているのではないかと感じました。

それ以外にも本校の卒業生である大江さんレターも立派ですね。
全体として「未来を創る」という名にふさわしい素晴らしい内容であると感服しております。
和田 孫博(灘高等学校 校長)