一般財団法人 未来を創る財団

"A Brighter Future for the Next Generation" The Outlook Foundation

ご意見・ご感想

「女性が活躍できる文化-男性100人アンケート-発表」 稲尾 和泉(株式会社クオレ・シー・キューブ)

男女の比較を拝見して、まさに「男性が考える女性活躍推進」とのズレが見えたような気がしています。
つまり、「制度や法律が整えば、いずれ女性の社会進出が進むだろう」という期待を持っている男性に対し、女性はそれだけでは無理と考えているように見えるからです。
女性たちはこれまでも、性別役割分担意識を変えようとさまざまなシグナルを出してきたと思いますが、なかなか意識が変わらない状況に、半分はあきらめてしまっているようにも見えます。
また、育児との両立の難しさは、実際にそれを体験している人とのギャップも大きいと思います。男性でも育児体験のある人は「育児より仕事のほうがずっと楽」というご意見があったように、誰がやっても育児は一大事であり、父親と母親のどちらか一方が担えばよいことではありません。
しかし、今でも父親は早く帰れば「仕事を放り出して帰るのか」と出世に影響し、母親は「遅くまで仕事すると子供がかわいそうね」などと言われる職場が散見されます。こういった些細なことの積み重ねが、女性の社会進出の最大の足かせになっています。
これまでの性別役割分担意識において、主に女性が担ってきた家事や育児・介護は、もともと男性も均等に担う責任があるはずです。
それを女性に任せきりにしているようでは、このまま日本の国際競争力は下がり、取り残されてしまうのではないかと危惧しています。

株式会社クオレ・シー・キューブ  稲尾 和泉